2003年06月25日

米英における保険会社の銀行子会社

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

米英では、保険会社が銀行子会社を設立(買収)し、銀行業務に参入する動きがある。
米英の保険会社の大多数は、自社の保険顧客を販売対象とし、支払保険金等のグループ内滞留を目的に、銀行商品を販売している。
他方、英国プルデンシャル社のインターネットバンク子会社であるエッグはそうした枠組みから離れ、新たなブランドで新たな顧客を開拓し、最大限の成功を収めつつある。

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【米英における保険会社の銀行子会社】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米英における保険会社の銀行子会社のレポート Topへ