2003年06月25日

2003年は「日本のCSR経営元年」

  川村 雅彦

文字サイズ

今年に入って、わが国ではCSR(企業の社会的責任)に関する動きが急展開し始めた。
とりわけ、「CSR経営」に転換する企業が相次いでいる。具体的には経営トップ直轄のCSR専門組織を設置し担当役員を任命することから始まっている。
本稿では、「日本のCSR経営元年」という認識のもと、企業だけでなく様々なステークホルダーのCSRにかかわる状況変化を概説する。そのうえで、日本企業に求められるCSR経営の要点を考察する。

このレポートの関連カテゴリ

川村 雅彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【2003年は「日本のCSR経営元年」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2003年は「日本のCSR経営元年」のレポート Topへ