2003年05月25日

50年後の日本経済を取り巻く環境

  熊谷 潤一

文字サイズ

戦後50年の間に、日本経済は世界屈指の「大国」へと発展した。
しかし、世界の人口動態や中国・インドのテイクオフの可能性を考えれば、50年後に日本経済が「小国化」するのは、恐らく不可避であろう。
そうした状況下、日本がアジア経済圏を主体的に取り込みながら、「大国」となりうる中国・インドを抱えたアジア地域との共存を目指すことは、小国となる日本にとって50年後も経済的な豊かさを享受する上での重要なポイントとなるかもしれない。

このレポートの関連カテゴリ

熊谷 潤一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【50年後の日本経済を取り巻く環境】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

50年後の日本経済を取り巻く環境のレポート Topへ