2003年05月01日

分散投資はいつでも金科玉条であろうか?

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

年金運用では分散投資が基本であり、中長期的視点で資産配分を検討すべきと考えられてきたが、積立不足が深刻になると、基金の取り得る選択肢は限られ、分散投資の大前提でさえ崩れることもある。基金は、既成の概念にとらわれず、発想の転換が必要かもしれない。

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【分散投資はいつでも金科玉条であろうか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

分散投資はいつでも金科玉条であろうか?のレポート Topへ