2003年03月14日

福井新総裁を迎える難局~二次QE後見通し

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<暴風雨の中の船出:2003年度は0.4%成長>

  1. 年度末を控えて株価が大幅に下落し、イラク情勢の緊迫でドルの下落や世界的な株価の下落が懸念されるなど、金融情勢は緊迫している。福井氏は20日に日銀の新総裁に就任する予定だが、暴風雨の中の船出となりいきなり難局に直面することになる。
  2. 繰り返される金融危機回避のためには銀行保有株の制限による株式売却圧力を緩和することが必要である。デフレからの脱却には金融と財政の両方の政策が必要である。
  3. 3月11日発表のGDP第二次速報(二次QE)をもとに、2月に発表した2003年度改定経済見通しを微修正した。実質経済成長率は2002年度の1.7%から2003年度は0.4%に減速すると予想される。物価の下落が続き名目では、2002年度▲0.5%、2003年度▲1.1%とマイナス成長が続くだろう。
36098_ext_15_1.jpg
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【福井新総裁を迎える難局~二次QE後見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

福井新総裁を迎える難局~二次QE後見通しのレポート Topへ