2003年03月01日

拡大する私募型不動産ファンドの仕組みとリスク

文字サイズ

投資家から集めた資金を不動産で運用するファンドビジネスが活発化してきている。年金基金がこうしたファンドに投資した例はまだ少ないが、運用の多様化と高い利回りを狙って投資へ向かう可能性は高い。ただし、目先の利回りの高さだけでなく、将来の不動産価値を左右する様々なリスク(金利リスク・市場リスク等)も考慮した投資が求められる。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【拡大する私募型不動産ファンドの仕組みとリスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

拡大する私募型不動産ファンドの仕組みとリスクのレポート Topへ