2003年02月25日

共済事業の現状と課題

  明田 裕

文字サイズ

任意加入の共済制度はわが国生損保市場の重要な一角を担っている(生損保市場全体に占めるそのシェアは国際的に見ても高い)が、その中で共済本来の性格を色濃く残している職域共済(労働組合生協共済と職域生協共済を総称)について、母体人口の減少と高齢化などの今後の課題を展望しその解決の方向性を探る。

このレポートの関連カテゴリ

明田 裕

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【共済事業の現状と課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

共済事業の現状と課題のレポート Topへ