2003年01月31日

崩れつつある設備投資拡大のシナリオ

  篠原 哲
経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<今週の焦点:崩れつつある設備投資拡大のシナリオ>

  1. 生産が鈍化する一方で、本格的な景気回復に向けた原動力と期待される設備投資からは、2002年7-9月期まで依然として顕著な拡大の動きは見られず、生産の回復からの設備投資拡大というシナリオが崩れつつある。
  2. 足元の先行指標等の動向からも、設備投資の回復に向けた確かな動きを確認することはできない。さらに企業の投資マインドも低調な状況下では、たとえ一時的な持ち直しの動きはあっても、設備投資の持続的な拡大を望む事は難しいと言えそうだ。

<景気は足踏み状態>

  • 鉱工業生産指数が4ヵ月連続で低下し、12月の景気動向指数は2ヵ月連続の50%割れとなることが見込まれる。今のところ景気は足踏み状態にあるが、2003年度前半にはピークを迎える可能性が高い。
36075_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

篠原 哲

45_ext_01_0.jpg

経済研究部

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

レポート

アクセスランキング

【崩れつつある設備投資拡大のシナリオ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

崩れつつある設備投資拡大のシナリオのレポート Topへ