2003年01月25日

福祉事業の民間委託とサービスの維持

  山方 俊彦

文字サイズ

■目次

1.増加する高齢者
2.財政健全化路線と民営化の進展
3.サービスの維持と効率化の両立

■introduction

スウェーデンの人口は約890万人で、そのうち65歳以上の高齢者は150万人、全人口の17%を占めている。
高齢化率(65歳以上の人口に占める割合)は1985年以降2000年まで17%台で推移しているが、2010年に19.5%に上昇し、2040年には27.2%に達すると見込まれている(図表-1)。
また90~99年にかけて、前期高齢者(64~79歳)は5%程度減少する一方で、後期高齢者(80歳以上)は15%以上増加している。高齢者福祉サービスを受ける後期高齢者の割合は、80年以降増加傾向にある(図表-2)。
スウェーデンでは、増加する高齢者や重介護者への高齢者福祉サービスの維持と信頼の確保が重要性を一層増している。

このレポートの関連カテゴリ

山方 俊彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【福祉事業の民間委託とサービスの維持】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

福祉事業の民間委託とサービスの維持のレポート Topへ