2002年12月12日

デフレ色増す世界経済:二次QE後経済見通し

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<2002年度0.9%、2003年度は0.1%成長:縮小均衡の兆しも>

  1. 7-9月期の法人企業統計季報では、売上の減少が続く中でコストの削減により利益が増加するという形で企業収益の改善が見られた。人件費などのコスト削減による企業収益の回復の動きは、家計所得を減少させて経済を縮小均衡に向かわせる恐れもある。
  2. 12月9日発表のGDP第二次速報(二次QE)をもとに、11月に発表した2003年度経済見通しを微修正した。2002年度の経済成長率は実質0.9%、名目▲0.6%となるものの、2003年度には実質0.1%、名目▲1.3%に減速すると予想される。
  3. 世界経済はデフレ色が強まっており、これまでのインフレを警戒した経済政策からデフレを防止するための経済政策へと考え方の転換が求められている。
36051_ext_15_1.jpg
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【デフレ色増す世界経済:二次QE後経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

デフレ色増す世界経済:二次QE後経済見通しのレポート Topへ