2002年12月01日

万人のための年金運用入門(20)- 株式アクティブ運用(2)

文字サイズ

前回は、「トップダウン・アプローチによる業種ローテーション戦略」を説明しました。今回は、株価評価の基本的考え方について解説した後、「ボトムアップ・アプローチ」の真骨頂と言える「個別銘柄のファンダメンタルズ分析」に基づく投資戦略をとりあげます。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【万人のための年金運用入門(20)- 株式アクティブ運用(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

万人のための年金運用入門(20)- 株式アクティブ運用(2)のレポート Topへ