2002年11月29日

在庫変動が左右するGDP成長率

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<今週の焦点:在庫変動が左右するGDP成長率>

  1. 日本経済は、4-6月期1.0%、7-9月期0.7%(ともに実質・前期比)と比較的高成長となったが、GDPから在庫投資を除いた最終的な需要の伸びは緩やかなものにとどまっている。
  2. GDP統計の推計方法の変更により民間在庫の変動が大きくなった。民間在庫は2001年度の成長率を下押ししたが、2002年度入り後は逆に成長率を大きく押し上げている。
  3. 10-12月期以降も在庫投資が成長率を押し上げる方向に働くことが予想されることもあり、2002年度は1%成長が確保できる見込みである。しかし、景気の実勢を見るためには、在庫を除いた最終的な需要の動きを見ることが重要である。

<月次GDP>

  • 9月の月次GDPは前月比0.0%の横ばいとなった。10月の月次GDPは民間需要の落ち込みを主因として前月比▲0.9%の減少と予測する。
36044_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【在庫変動が左右するGDP成長率】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

在庫変動が左右するGDP成長率のレポート Topへ