2002年11月25日

人口減少時代の企業経営はいかにあるべきか

  小本 恵照

文字サイズ

人口減少時代の企業経営では、成熟・衰退化する事業のマネジメントが課題となるが、そこでは成熟・衰退化する事業の独立性を高め、従業員のモラール維持を図る仕組み作りが重要となる。
新規事業への取り組みについては、コア事業に関連する分野に参入し、M&Aを用いたスピード感ある事業への取り組みが求められる。
増大する不確実性については、実効性のある提携戦略や迅速な意思決定を可能にする企業組織の構築が重要となる。

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【人口減少時代の企業経営はいかにあるべきか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人口減少時代の企業経営はいかにあるべきかのレポート Topへ