2002年11月13日

QE速報:7-9月期実質0.7%成長、先行きは減速へ

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎
経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<QE速報:堅調だが外需息切れで先行き懸念増す>
  1. 2002年7-9月期の経済成長率は前期比実質0.7%(年率3.0%)となった(基礎研事前予測11月5日:前期比0.5%)。民間消費の伸びによって民需が1.0%の増加となり、成長の主因となった。外需は輸出が前期比0.5%増と伸びが大きく鈍化した一方、輸入が前期比1.8%の増加となったため、4四半期ぶりのマイナス寄与となった。
  2. 4-6月期(前期比1.0%)、7-9月期0.7%と2四半期続けて比較的高い成長となったことから、2002年度前半の回復基調があらためて確認されることとなった。
  3. しかし、外需がすでに息切れしている上に、消費、設備投資の先行きには懸念材料が多い。10-12月期以降の減速は避けられないだろう。
36037_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

42_ext_01_0.jpg

経済研究部

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

レポート

アクセスランキング

【QE速報:7-9月期実質0.7%成長、先行きは減速へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

QE速報:7-9月期実質0.7%成長、先行きは減速へのレポート Topへ