2002年11月01日

米国の401(k)制度における投資助言(2)

文字サイズ

401(k)制度の加入者に投資助言する者はエリサ法の受認者(fiduciary)とされるため、制度に投資商品を提供する運用機関が投資助言を行うためには、原則として利益相反防止策を講じて労働省に申請することが必要である。しかし、最近では効率的な助言提供も課題となっており、今回は、労働省や議会による投資助言促進策の検討状況を紹介する。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【米国の401(k)制度における投資助言(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国の401(k)制度における投資助言(2)のレポート Topへ