2002年10月25日

迫られる日本型CSR(企業の社会的責任)の確立

  川村 雅彦

文字サイズ

欧米で発達したCSR(企業の社会的責任)の概念が、“外圧”として日本企業に迫っている。
これまでCSRやその情報開示の発想自体がなかったため、多くの日本企業は困惑・苦慮している。
そこで内外のCSRをめぐる状況を概観し、また最近の一連の企業不祥事の背景を考察した上で、日本型CSRの確立の必要性を論じる。

このレポートの関連カテゴリ

川村 雅彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【迫られる日本型CSR(企業の社会的責任)の確立】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

迫られる日本型CSR(企業の社会的責任)の確立のレポート Topへ