2002年10月01日

短観速報~景況感の改善幅縮小

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎
経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<今週の焦点>景況感の改善幅が縮小、先行き不透明感増す

  1. 大企業・製造業の業況判断DIは▲14(6月調査▲18)と改善はしたものの改善速度は大きく鈍化した。先行きも▲11と引続き改善が見込まれているものの改善幅は小幅となっている。大企業・非製造業の業況判断DIは▲13(6月調査▲16)、先行きも▲11と小幅な改善となっている。2002年度の売上計画は国内の不振から全規模合計・全産業で0.5%の減少となり、経常利益は12.9%増と増益幅が下方修正となった。
  2. 業況感が改善傾向にあるにも関らず設備投資意欲の改善は弱い。雇用者数の減少幅が拡大するなど、売上減の中で設備投資の抑制、雇用の削減で先行きの不透明に対応しようとする企業の守りの姿勢が垣間見える。
36010_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

42_ext_01_0.jpg

経済研究部

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

レポート

アクセスランキング

【短観速報~景況感の改善幅縮小】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

短観速報~景況感の改善幅縮小のレポート Topへ