2002年09月27日

GDP新推計に基づく月次GDP

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<今週の焦点:GDP新推計に基づく月次GDP>

  1. 今月から、GDP速報(QE)新推計に基づく月次GDPの公表を開始する。
  2. 当研究所では、99年4月以降公表している月次GDPにおいて、需要面からみたGDP、供給面からみたGDP、両者を加重平均した二面等価GDPを作成してきた。今回、内閣府がGDP速報の推計方法を変更したことに伴い、需要側統計、供給側統計からの推計を統合することにより月次GDPを一本化することとした。
  3. 新たに、民間消費推計の内訳を公表する。具体的には、家計消費を帰属家賃部分とそれを除く部分とに分けて推計し、さらに帰属家賃を除く家計消費については需要側推計と供給側推計をそれぞれ公表する。

<7-9月期は2四半期連続のプラス成長を予測>

  • 7-9月期の実質GDP成長率は、前期比0.4%(年率1.8%)と2四半期連続のプラス成長になると予測する。
36009_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【GDP新推計に基づく月次GDP】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

GDP新推計に基づく月次GDPのレポート Topへ