2002年09月25日

東京のオフィス市場動向

  山方 俊彦

文字サイズ

東京都心一等地に大型ビルが大量供給される2003年を目前に控え、オフィス市場の需給バランスが崩れてきた。
大型ビルへのオフィス統合移転をきっかけに、オフィス移転の連鎖が既存の中小型ビルに2~3年にわたり波及していく可能性が高い。
2004年以降も都心部では大型ビルの供給が続く。「近・新・大」ビルが無条件で勝ち組であった時代は終わりを告げ、オフィスビル大競争時代の幕が開いた。

このレポートの関連カテゴリ

山方 俊彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【東京のオフィス市場動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東京のオフィス市場動向のレポート Topへ