2002年09月25日

継続する持ち合い解消

  黒木 文明

文字サイズ

「株式持ち合い状況調査」では、持合比率が対前年度1.2%ポイント低下の8.9%となり、持ち合い解消の進展が確認される。
持合構造の中核である銀行は、株式保有関係の見直しを推し進めているが、保有制限は更なる残高圧縮を求めている。
企業は、金庫株制度を活用して資本規模を適正化するなど、投資家獲得に向けて一層の努力が必要だろう。

このレポートの関連カテゴリ

黒木 文明

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【継続する持ち合い解消】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

継続する持ち合い解消のレポート Topへ