2002年08月01日

金融商品は名前がすべてか

文字サイズ

似たものが、呼び方によって全く違って見えることがある。金融商品でも同様、古くはジャンク・ボンドとハイ・イールド・ボンド。また、新しいところでは、アクティブ・ファンドとエンハンスド・インデックス・ファンドがその一例だろう。
金融工学を生業にしていると忘れがちだが、ビジネスには、科学とコミュニケーションの両面があるから、商品を提供する側は、上手な名付けが大切だ。金融商品は抽象度が高く、はっきりとした実像を結び難い分、名が体を表してしまう可能性が強いだけに、名付けは一層重要になるのである。
裏返して考えると、商品の提供を受ける側では、言霊(ことだま)のベールを透かして、実態を見通す目(目利き)が必要だ。自分には見えているとの思い込み(半可通)ほど、危ういものはない。夏休みには、しっかりと眼力を養い、混迷、波乱する投資環境に対処したいものである。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【金融商品は名前がすべてか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融商品は名前がすべてかのレポート Topへ