2002年07月25日

オルタナティブ投資(代替投資)の基礎知識

  中窪 文男

文字サイズ

オルタナティブ・ファンドにはヘッジ・ファンドを初め、プライベート・エクイティ、不動産、天然資源投資など様々な戦略のファンドがある。
これらは総じてハイリスク・ハイリターン型であり、その仕組みも非常に複雑であるため、ファンドの選択には高度な専門知識と経験が必要とされる。
目先の高い期待リターンに目を奪われて安易に投資を行えば、大損を被るリスクがあるため、専門家のアドバイスも参考にしながら綿密な準備を行うことが不可欠となる。

中窪 文男

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【オルタナティブ投資(代替投資)の基礎知識】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

オルタナティブ投資(代替投資)の基礎知識のレポート Topへ