2002年07月01日

年金運用における為替ヘッジ政策(3)

文字サイズ

前回紹介したような方法で長期の最適ヘッジ率が決定されれば、次は短期運用(為替オーバーレイ)に焦点が移る。為替オーバーレイについては2001年5月号(Vol.59)で概要を紹介したが、今回はその利点・欠点、運用形態、運用成績など、実務面の重要事項を解説する。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【年金運用における為替ヘッジ政策(3)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金運用における為替ヘッジ政策(3)のレポート Topへ