2002年06月28日

低迷が続く第3次産業

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<今週の焦点:低迷が続く第3次産業>

  1. 鉱工業生産指数は輸出の急回復を背景に伸びが高まっているのに対して、第3次産業活動指数は依然低迷が続いている。
  2. 今回の景気回復が輸出依存となっているため、その恩恵を受けやすい鉱工業生産と受けにくい第3次産業の動きに大幅な乖離が生じているものと考えられる。
  3. 第3次産業活動指数の低迷は国内需要、特に個人消費の弱さを反映したものであるが、消費の回復は当分見込めない。そのため、全産業の約6割を占める第3次産業も低迷が続き、日本経済全般の回復スピードは当分緩やかなものにとどまるだろう。

<4-6月期は2四半期ぶりのマイナス成長へ>

  • 2002年4-6月期の実質GDP成長率は、前期比▲0.3%(年率▲1.3%)と、2四半期ぶりのマイナス成長になると予測する。
35961_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【低迷が続く第3次産業】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

低迷が続く第3次産業のレポート Topへ