2002年06月25日

厚生年金基金の代行返上

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

■目次

1.はじまった「代行返上」
2.代行に伴う負担の増大が背景
3.代行返上を選択した基金の状況
4.代行返上は正解か?

■introduction

企業年金の見直しに関する記事が新聞を賑わせている。4月1日に確定給付企業年金法が施行され、新しい企業年金制度がスタートしたためである。見直しの内容にはいくつかあるが、中でも厚生年金基金(以下、基金という)の代行返上が話題になっている。
代行返上とは、厚生年金保険の一部を代行していた基金がその代行部分を国に返上することで、先の確定給付企業年金法で法制化された。それ以前は、代行返上には基金の解散しかその手段がなかったが、解散の場合、代行部分だけでなく企業独自の上乗せであるプラス・アルファ部分の清算も伴うため容易ではなかった。本年4月から将来期間に係る代行返上がスタートし、施行後1カ月で37基金に認可されている。将来分の代行返上は、確定給付企業年金(基金型・規約型)への移行を円滑にするための措置であり、2003年12月までにスタートする過去分の返上とあわせて、基金からの移行が完了する。

このレポートの関連カテゴリ

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【厚生年金基金の代行返上】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

厚生年金基金の代行返上のレポート Topへ