2002年06月07日

金融・為替市場の動き/低金利下の日米債券投資比較

  熊谷 潤一
経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

<金融・為替市場の動き>

  1. 債券相場は小動きでの展開が続いている。格下げ問題も5/31日発表で当面終止符が打たれたとの観測が強く、今後は国内景気の回復度合いに注目が集まるだろう。
  2. 円レートは、目先は円売り介入への警戒から円の上値が限られそうだが、介入実施以前から見られた潜在的な円買い圧力は払拭されていない。従って、介入自体がスピード調整的な効果こそ発揮するものの、円高の流れを食い止めるのは難しいだろう。

<今週のトピック:低金利下の日米債券投資比較>

  1. 日米とも歴史的低金利にある中、債券市場の構造上の違いから、米国の投資家は金利変動以外のリスクテイクが可能となっており、日本の投資家に比べて超過収益の源泉が多様化している。
  2. 日本もいずれは、「国債偏重型」の市場構造から脱却することで、投資家にとって魅力的な債券市場が形成されることが期待される。
35947_ext_15_1.jpg

熊谷 潤一

46_ext_01_0.jpg

経済研究部

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

レポート

アクセスランキング

【金融・為替市場の動き/低金利下の日米債券投資比較】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融・為替市場の動き/低金利下の日米債券投資比較のレポート Topへ