2002年05月25日

普及が進むIP電話と通信産業への影響力

  高橋 敏信

文字サイズ

IP電話は、インターネットで使われる通信手順を利用した格安の電話サービスだが、昨年のマイラインキャンペーンを契機に個人ユーザーへも普及し始めている。
音声通話サービスのIP化は世界的な潮流であり、わが国でも総務省を中心に本格的な普及に向けて環境整備が進みつつある。
IP電話の効率性は従来の電話サービスの事業構造を変革する影響力をもっているが、新興のIP電話専業者が成長し、定着していくには課題も多い。

このレポートの関連カテゴリ

高橋 敏信

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【普及が進むIP電話と通信産業への影響力】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

普及が進むIP電話と通信産業への影響力のレポート Topへ