2002年05月01日

キャッシュ・バランス・プラン再考

文字サイズ

この4月より、年金給付設計の多様化の一環としてキャッシュ・バランス・プランが認められることになった。確定拠出年金と異なり、運用リスクを企業が負う点で従業員には受け入れやすい制度と考えられるが、実際に利用するにはポイント制年金との違いなどで迷うこともあろう。そこで日本型キャッシュ・バランス・プランの意義や問題について再検討しておこう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【キャッシュ・バランス・プラン再考】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

キャッシュ・バランス・プラン再考のレポート Topへ