2002年04月26日

設備投資の反転時期

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<今週の焦点:設備投資の反転時期>

  1. 民間設備投資は2001年10-12月期に前期比▲12.0%と過去最大の落ち込みを記録し、2002年入り後も減少が続いている模様である。しかし、設備投資の調整はかなり進展しているため、今後の減少幅は比較的小幅にとどまるだろう。
  2. 企業は人件費などのコスト削減によって収益率の向上を図っている。このため売上が低迷しても経常利益は回復し、2002年7-9月期には前年比でもプラスとなるだろう。企業収益の回復が明確になる2002年度下期には設備投資も反転する可能性が高い。
  3. ただし、企業部門の改善は人件費の削減によりもたらされるので、個人消費の低迷は避けられず、景気の本格回復には時間を要するだろう。

<1-3月期は4四半期ぶりのプラス成長へ>

  • 2002年1-3月期の実質GDP成長率は、前期比0.7%(年率2.9%)と、4四半期ぶりのプラス成長になると予測する。
35926_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【設備投資の反転時期】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

設備投資の反転時期のレポート Topへ