2002年04月05日

金融・為替市場の動き~ペイオフ解禁に伴う資金フロー

  熊谷 潤一
経済研究部 研究理事 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

金融政策 金融市場・外国為替 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

<金融為替市場の動き>

  1. 新年度入り後の債券市場は、需給改善から堅調な相場が予想される。しかし第2 次デフレ対策への失望や、減税の財源を国債増発へとの流れとなった場合には、大幅な金利上昇に転じる可能性もある。
  2. 円レートは、対ドル、対ユーロとも当面は新規材料不足から方向感に欠ける展開が続く。ただし米早期利上げ期待の大幅後退、日本株の1万円割れなどが起これば、一旦は日本株下落が円安要因として働き、その後は資金フローの収縮から予想外に円高に振れる可能性も想定しておきたい。

<今週の焦点:ペイオフ解禁に伴う資金フロー>

  1. ペイオフ解禁に伴い、個人マネーが株式などにシフトするのではとの期待があったが、個人、銀行のリスク回避行動により期待されたシフトは起こっていない。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

熊谷 潤一

46_ext_01_0.jpg

経済研究部

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

レポート

アクセスランキング

【金融・為替市場の動き~ペイオフ解禁に伴う資金フロー】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融・為替市場の動き~ペイオフ解禁に伴う資金フローのレポート Topへ