2002年03月25日

世界の生命保険市場

  天野 佳子

文字サイズ

■目次

1.1998年から2000年にかけての推移
2.明暗分かれる上位10カ国
3.拡大する生命保険市場

■introduction

1999年、ついに景気の低迷を受けて日本は生命保険料収入ベースにおける「生命保険首位国」の座を米国に譲った。そして以降、両国の差は広がる傾向にある(図表―1)。あくまでも米ドルベースであるが、カナダ、スペインが3ランク順位を上げて市場シェアを確保している様子が窺える。スペインはここ数年順調にシェアを伸ばしてきているが、これはEU統合で欧州先進諸国の大手保険会社がバンカシュランス(銀行による保険販売)に一挙に乗り出している背景がある。

このレポートの関連カテゴリ

天野 佳子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【世界の生命保険市場】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

世界の生命保険市場のレポート Topへ