2002年03月25日

持家の住宅ローン負担を巡って

経済研究部 主任研究員   石川 達哉

文字サイズ

住宅ローン返済中の持家世帯に関して、もともとの所得水準や家賃が節約される効果なども考えれば、借家世帯と比べてフローの返済が重荷になっているとは言い難い。懸念があるとすれば、債務残高と持家の残存価値の関係であろう。
平均的には「債務超過」には陥っていないと試算されるが、雇用との関係で返済の継続に困難を感じて入る世帯もあるはずである。
廉価な持家や借家への住み替えという選択も円滑に行えるよう、社会として中古住宅市場と借家市場を整備することが望まれる。

44_ext_01_0.jpg

経済研究部   主任研究員

石川 達哉 (いしかわ たつや)

研究・専門分野
財政・税制、家計貯蓄・住宅

レポート

アクセスランキング

【持家の住宅ローン負担を巡って】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

持家の住宅ローン負担を巡ってのレポート Topへ