2002年03月15日

改訂経済見通し:米国経済回復で日本も底打ちへ

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<2002年度▲0.4%成長:設備投資調整本格化で2年連続マイナス成長>

  1. 米国景気の回復によって2002年度の日本経済は緩やかな回復に向かうものの、設備投資の調整が本格化することにより、実質▲0.4%のマイナス成長となるだろう。金融政策に偏重したデフレ対策では物価の下落基調は止まらず、名目成長率はこれを下回る▲1.9%と予測する。
  2. 2001年度の成長率は実質▲1.5%、名目▲2.9%と、政府経済見通しの実績見込みを下回るだろう。税収の不足から30兆円の国債発行枠の達成は不可能となる恐れが大きい。名目成長率のマイナスが続く中では、税収が減少傾向を続ける恐れがあるが、これに合わせて歳出を削減すれば、経済が縮小均衡に陥る恐れが大きい。
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【改訂経済見通し:米国経済回復で日本も底打ちへ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

改訂経済見通し:米国経済回復で日本も底打ちへのレポート Topへ