2002年03月01日

自家運用導入にあたっての留意点(下)

文字サイズ

自家運用を行う基金は、まず運用基本方針を定めて、政策アセット・ミックスや運用評価方法などを規定する必要がある。その上で、株式や債券運用を行うために、一定の運用・管理体制の整備が必要とされる。特に、基金内に運用と管理の両方の機能・組織を抱えることになるため、運用ガイドラインの内部監査やリスク管理など、管理体制の充実は不可欠である。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【自家運用導入にあたっての留意点(下)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

自家運用導入にあたっての留意点(下)のレポート Topへ