2002年02月25日

変額年金のマーケティング

  栗林 敦子

文字サイズ

老後の資産形成のための金融商品として変額年金が注目されている。米国では90年代に大きな市場を形成した金融商品であり、わが国の生命保険会社においても期待が大きい。
しかし米国の金融機関が消費者を十分分析してマーケティングを行うのに対し、わが国の金融機関はやや見劣りがする。
ここでは変額年金に関わる消費者の金融意識を分析し、その結果から変額年金のマーケティングのありかたを考察している。

栗林 敦子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【変額年金のマーケティング】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

変額年金のマーケティングのレポート Topへ