2002年02月25日

新たな段階に入った欧州統合

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

2002年3月初にユーロ圏の法貨はユーロに一本化され、経済・通貨統合のプロセスが完了する。
しかし、単一通貨圏の真の完成には、法制や税制などの制度調和や政策協調の強化など質的改善が必要である。
EUの地域的拡大が実現すれば、加盟国の国家主権のさらなる移譲への意志と能力、政治統合への考え方はさらに多様化する。
統合は今後も前進しようが、これまで同様に長い時間をかけた歩みとなろう。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【新たな段階に入った欧州統合】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新たな段階に入った欧州統合のレポート Topへ