2002年02月01日

自家運用導入にあたっての留意点(上)

文字サイズ

厚生年金基金では、2000年6月に自家運用に関する規制が緩和され、資産規模規制が撤廃されるとともに、株式や先物などリスク資産も運用対象とされるなど環境整備が図られた。しかし、自家運用の導入にあたっては、外部委託運用とのコスト比較など自家運用のメリット・デメリットを十分に分析した上で、運用管理体制の充実が不可欠である。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【自家運用導入にあたっての留意点(上)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

自家運用導入にあたっての留意点(上)のレポート Topへ