2002年01月25日

同時多発テロ事件の保険業界などへの影響

  高島 浩一

文字サイズ

■目次

1.事件後の街の様子
2.クリスマス商戦など消費への影響
3.保険業界への影響
4.おわりに

■introduction

米国で発生した同時多発テロ事件が2001年の重大ニュースの筆頭であることに異論を唱える向きは少ないであろう。米誌「タイム」は、「9月11日とその後、米国全体が試されている時に、人間的な側面を押し出して超人的な強さと勇気を示した」として恒例の「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」にジュリアーニ・ニューヨーク市長を選んでいる。
事件は米国民の生活に大きな影響を与えただけではない。日本の損害保険会社が経営破綻する契機となるなど、世界経済全体にも大きな影を落としており、現時点では想定できない影響が将来現れる可能性もあろう。

このレポートの関連カテゴリ

高島 浩一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【同時多発テロ事件の保険業界などへの影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

同時多発テロ事件の保険業界などへの影響のレポート Topへ