2002年01月25日

広がる地域通貨への期待

社会研究部 主任研究員   土堤内 昭雄

文字サイズ

■目次

はじめに
1.「地域通貨」の概要と特性
2.「地域通貨」導入の目的と期待される効果
おわりに

■introduction

経済活動のみならず地球環境問題など経済社会のグローバル化は凄まじい勢いで進んでいる。一方では、地域アイデンティティの確立などローカル化の動きも同時に起こっている。いわゆるグローカライゼーション(グローバル化+ローカル化)である。
2002年1月からドイツ、フランス、イタリアなどヨーロッパ12カ国では、単一通貨「ユーロ」が本格的に導入された。このような経済システムのグローバル化の中で、最近、新聞やテレビ等でLocal CurrencyやCommunity Moneyを意味する「地域通貨」という言葉を見かけることが多くなった。今、何故「地域通貨」が注目されているのだろうか。

このレポートの関連カテゴリ

60_ext_01_0.jpg

社会研究部   主任研究員

土堤内 昭雄 (どてうち あきお)

研究・専門分野
少子高齢化・家族、市民社会・NPO、都市・地域計画

レポート

アクセスランキング

【広がる地域通貨への期待】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

広がる地域通貨への期待のレポート Topへ