2002年01月25日

失業率の上昇が今後さらに加速する可能性

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<10-12月期はほぼゼロ成長に>

  1. 2001年10-12月期の実質GDP成長率は、前期比0.1%(前期比年率0.5%)とほぼゼロ成長になったとみられる。民間消費が7-9月期の大幅減少から持ち直したため、内需が3四半期ぶりにプラスとなったが、外需のマイナスがそれをほぼ相殺する形となった。
  2. 雇用所得環境の悪化、消費者マインドの冷え込みが続いていることから、消費の改善は一時的なものに終わる可能性が高い。
  3. 2002年1-3月期の実質GDP成長率は、前期比▲0.4%(前期比年率▲1.5%)のマイナス成長になると予測する。

<今週の焦点:失業率の上昇が今後さらに加速する可能性>

  1. 7月に5%となった失業率は11月には5.5%まで上昇したが、その上昇テンポはこれまでのところ、比較的緩やかなものにとどまっている。
  2. しかし、失業率の上昇を抑えてきたサービス業の雇用増、労働力率の低下といった要因が剥落することにより、今後その上昇スピードが高まるリスクがある。
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【失業率の上昇が今後さらに加速する可能性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

失業率の上昇が今後さらに加速する可能性のレポート Topへ