2001年12月21日

欧米経済動向:2002年経済見通し

  土肥原 晋
経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

<米国経済>

  1. 米国経済は、若干の調整期間が必要ながら、累次の利下げと財政面の景気刺激策の効果を得て上期に底を打ち、下期には消費を中心に回復が見込まれる。但し、企業業績・雇用状況の悪化、貯蓄率の低下等、消費を取巻く環境は厳しく、設備投資の回復の遅れもあってGDPの成長率は緩やかなものとならざるを得ない。2002年の成長率は0.3%に留まる見通しである。

<欧州経済>

  1. 2001年のユーロ圏は1.5%へと減速した。2001年10-12月期のマイナス成長後、2002年前半に在庫調整が終了し、年央以降、米国の回復、インフレ鈍化、利下げ効果の浸透で景気は上向くが、回復のペースは緩やかで、通年の成長率は0.5%に留まる見込みである。
  2. 英国は個人消費の堅調から2001年も2.2%成長となった。2002年はサービス業の成長鈍化、雇用・所得環境の悪化から、個人消費の拡大ペースが鈍るが、外部環境の好転と累次の利下げ、財政支出拡大により、落ち込みは軽微に止まり、成長率は1.3%となろう。

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

43_ext_01_0.jpg

経済研究部

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

レポート

アクセスランキング

【欧米経済動向:2002年経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米経済動向:2002年経済見通しのレポート Topへ