2001年12月12日

短観速報~景況感は更に悪化、設備投資も一段の下方修正

  末廣 譲凡
経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<今週の焦点>深刻化する景気の悪化を反映~注目される日銀の対応~

  1. 大企業・製造業の業況判断DIは▲38(9月調査▲33)と引き続き悪化した。先行きについては▲36と若干の改善が見込まれている。大企業・非製造業の業況判断DIは▲22(9月調査▲17)と悪化し、先行きも▲25と更に悪化が見込まれている。
  2. 2001年度設備投資計画は大企業・全産業で前年度比▲6.5%(9月調査▲3.1%)の減少と9月調査に続く下方修正となった。
  3. 今回の結果は企業の経営環境が厳しさを増していることを示しており、追加的な金融緩和措置を求める声が高まると予想される。ただし民間調査機関の事前予想ほどは悪化しなかったことから、次回金融政策決定会合(18、19 日)で政策が変更されるか微妙である。

末廣 譲凡

42_ext_01_0.jpg

経済研究部

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

レポート

アクセスランキング

【短観速報~景況感は更に悪化、設備投資も一段の下方修正】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

短観速報~景況感は更に悪化、設備投資も一段の下方修正のレポート Topへ