2001年12月07日

QE速報:7-9月期は実質▲0.5%の2期連続マイナス成長

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<景気悪化が企業から家計部門に波及>
  1. 2001年7-9月期の経済成長率は前期比実質▲0.5%(年率▲2.2%)となった(基礎研事前予測12月5日:前期比▲0.4%)。民間最終消費支出が▲1.7%と大きく落ち込んだことが主因である。名目GDPも前期比▲0.8%(年率▲3.1%)のマイナス成長となり、GDP デフレータは前年同期比▲1.5%と下落が続いている。
  2. 7-9月期の雇用者報酬は雇用所得環境の悪化から、前期比▲1.7%の減少となり前年比でも▲1.2%の減少となった。実質でも前期比▲1.2%の減少となっており、消費者マインドの悪化と合わせて消費の大きな落ち込みをもたらした。これまで企業部門を中心としたものであった景気の悪化が、家計部門に及んでいることを示している。
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【QE速報:7-9月期は実質▲0.5%の2期連続マイナス成長】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

QE速報:7-9月期は実質▲0.5%の2期連続マイナス成長のレポート Topへ