2001年12月01日

万人のための年金運用入門(8)-運用評価(上)

文字サイズ

運用評価は、年金基金の資産運用プロセスであるPlan(計画)-Do(実行)-See(評価・管理)のSeeの部分にあたります。運用評価を行うにあたっては、リスクやリターンなど定量評価だけでなく、あわせて運用機関の投資方針、組織体制など定性評価が重要です。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【万人のための年金運用入門(8)-運用評価(上)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

万人のための年金運用入門(8)-運用評価(上)のレポート Topへ