2001年12月01日

退職給付会計基準の影響 -2000年度決算における退職給付債務等の状況(上)

文字サイズ

2000年4月より「退職給付会計に係る会計基準(以下、退職給付会計基準)」が導入され、2000年度決算で各企業の退職給付債務などの状況が開示された。多くの企業が同会計基準の導入を睨んで、前倒しで退職給付債務の圧縮などに取り組んできたこともあり、大きな影響はなかったようである。しかし、すでに厳しい状況にある企業もあり、また退職給付費用が今後の企業業績に与える影響など、留意すべき点も多いと思われる。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【退職給付会計基準の影響 -2000年度決算における退職給付債務等の状況(上)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

退職給付会計基準の影響 -2000年度決算における退職給付債務等の状況(上)のレポート Topへ