2001年11月25日

東京のオフィス市場動向

  山方 彦

文字サイズ

昨年堅調に推移していた東京のオフィス市場は、2000年後半からの米国の景気後退とハイテク企業の業績悪化などの影響を受けて厳しさを増している。
東京都心部で2003年にはオフィスビルの大量供給があることから、市況がさらに悪化する懸念が強まっているが、東京のオフィス市場は、高度かつ多様なオフィス需要が集積し、市場としてのポテンシャルは高い。
全国的にみると、東京市場の優位性が一段と高まっている。

このレポートの関連カテゴリ

山方 彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【東京のオフィス市場動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東京のオフィス市場動向のレポート Topへ