2001年11月25日

企業の利潤率格差は時の経過とともに解消するか?

  小本 恵照

文字サイズ

製造業1,056社を対象に、1976年度から1999年度までの24年間の利潤率推移を分析すると、1976年時点に高い利潤率を示していた企業は、その後も長期間にわたり高い利潤率を示すことが多いことが明らかとなった。
その要因としては、(1)企業が属する産業、(2)自己資本比率、(3)外国人株主比率が挙げられるが、経営者の能力、従業員の資質、経営ノウハウ、企業風土といった企業固有の経営資源も少なからぬ影響を与えているとみられる。

このレポートの関連カテゴリ

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【企業の利潤率格差は時の経過とともに解消するか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業の利潤率格差は時の経過とともに解消するか?のレポート Topへ