2001年11月01日

持ち合い解消と金庫株

文字サイズ

株式持ち合いの解消が続いており、解消売りによる過剰供給は株価の不安材料である。そのため、企業による自己株式の取得は、シグナリング効果も加わって、投資家の不安を払拭する有効な手段となるだろう。ただ、消却されないで、金庫株として保有継続される限り、ベンチマーク(TOPIX)の歪みが解消しないことに留意が必要である。

レポート

アクセスランキング

【持ち合い解消と金庫株】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

持ち合い解消と金庫株のレポート Topへ