2001年10月26日

マイナス成長はいつまで続くのか

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<2001年7-9月期、10-12月期GDP>

  1. 7-9月期の実質GDP成長率は、前期比▲0.5%(前期比年率▲1.9%)になったとみられる。外需が海外経済減速に伴う輸出の減少から5四半期連続でマイナスとなる中、国内も民間消費、設備投資などの民間需要が大幅に落ち込んだ。
  2. 10-12月期の実質GDP成長率は、前期比▲0.6%(前期比年率▲2.3%)と3四半期連続のマイナス成長になると予測する。

<今週の焦点:マイナス成長はいつまで続くのか>

  1. 日本経済は、過去の景気後退局面においては、まず公共投資か輸出が増加し、それを民間需要が後追いする形で景気が持ち直すというパターンを繰り返してきた。
  2. しかし、今回は公共投資、輸出ともに当面増加することが期待できず、景気の底打ちは米国経済の回復に伴い輸出が増加に転じた後の2002年度末までずれ込むだろう。マイナス成長は来年も続く可能性が高い。

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【マイナス成長はいつまで続くのか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

マイナス成長はいつまで続くのかのレポート Topへ