2001年10月19日

欧州経済動向/IT不況と米景気後退下で低迷が続くアジア経済

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

<欧州経済動向>

  1. ユーロ圏では企業部門の悪化から雇用調整が進行、消費者マインドは悪化している。
  2. 英イングランド銀行は4日に0.25%の利下げを実施、ECBは11日の定例理事会で利下げを見送った。英国、ユーロ圏ともにインフレ率は鈍化、景気下振れリスクへの警戒感を強めており、追加利下げに含みを残している。

<今週の焦点:IT不況と米景気後退下で低迷が続くアジア経済~>

  1. 世界経済が同時不況の様相を呈する中、アジアの経済成長率は大きく鈍化している。中でも対米IT機器輸出依存度が高い台湾、シンガポール、マレーシアの景気悪化が目立つ。
  2. 金融・財政面からの政策は強化されているが、押し並べて輸出依存度が高い一方、企業・金融システムの脆弱性や財政事情の悪化から政策による下支えに限界がある国が多く、調整局面は通貨危機時以上に長引く可能性がある。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済動向/IT不況と米景気後退下で低迷が続くアジア経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済動向/IT不況と米景気後退下で低迷が続くアジア経済のレポート Topへ